• Good Directions

水素セラピー 美と健康の基本3原則~その①

最終更新: 1月20日

「水素セラピー 美と健康の基本3原則その①」


腸内フローラ




腸内細菌は、菌種ごとの塊となって腸の壁に隙間なくびっしりと張り付いています。

この状態が品種ごとに並んで咲いているお花畑に見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。




腸内環境を整えることは、すべての美容と健康の基礎になります。

近年の研究では、腸内に水素が多く存在していれば、疾患の予防や健康の促進につながるという研究結果も出ています。 腸内環境をしっかりと整え、水素が腸の中でしっかりと産生されている状態を保つことが、美容と健康の維持に役立ちます。




腸内フローラの状態が良いと

・免疫力アップ

・整腸

・疲れにくい

・美肌

・基礎代謝アップ

・ダイエット

・快眠

・若返り


このような効果が期待できます。





自律神経との相関


腸内フローラと自律神経の状態は密接に関わっています。 腸は「第二の脳」と呼ばれ、腸内環境が良くなると、自律神経も整うということが分かっています。 また、水素も同様に自律神経を整えてくれる働きが報告されています。水素ガスを吸入すると、腸の中だけでなく、全身や脳にまで直接届き、水素で満たされます。



腸内環境を整え、水素を吸入することで、

体の内と外の両方から美と健康を改善します。




0回の閲覧

最新記事

すべて表示